TOPICS

ホームTOPICSビジュアルデザイン科

  • 祝☆受賞! 鳥取県版 図柄ナンバープレートデザイン続報(テレビで放映していただきました)
    2017.9.7
    先週のブログで<鳥取県版 図柄ナンバープレートデザイン>をビジュアルデザイン科学生の深石直希君が受賞した模様をお伝えしました。授賞式では鳥取県の平井知事から表彰されましたが、その模様がフジテレビ系列のTSKさんでテレビ放送していただけました。 以下から動画視聴いただけます。 https://youtu.be/CBesLFBAkOQ 各方面からの反響をいただきまして本人も大変励みになりました。 続きを読む
  • 祝☆受賞! 鳥取県版 図柄ナンバープレートデザイン
    2017.8.28
    島根県のお隣、鳥取県が独自の図柄入りナンバープレートのデザインを一般から募集するということをお聞きし、島根デザイン専門学校の学生全員が制作に参加いたしました。学生全員が「鳥取県」を代表する事柄、自然などをモチーフに制作しました。 その中から、なんと、研究科1年の深石直希くんの作品が見事最優秀賞を受賞しました!!(*^^*)!! そして、先週、25日金曜日に鳥取県倉吉市にて授賞式があり、出席いたしました。 打ち合わせ中。少々緊張した面持ちです。 桜ミクさんが見守ります。(鳥取県倉吉市にはグッドスマイルカンパニー「楽月工場」があります) 平井知事から直接、賞状と目録の授与されました。額は鳥取県産杉材を使用され、とても温かみのある印象を受けます。 作品講評として、「鳥取県を代表する鳥取砂丘、二十世紀梨、名峰大山をバランス良く配置しナンバーの視認性も充分に考慮され全体的な色彩は暖かさを与えるとともに、幅広い(層)...続きを読む
  • 【集中講座】華道
    2017.8.10
    7月24日、25日に華道の集中講座がありました。 華道は学生のほとんどが初めて行います。 一つとして同じお花はありません。季節のお花を用いて基本から生けていきます。 小原流の藤原先生から直接のご指導の元、基本の「たてるかたち」「かたむけるかたち」を生けていきました。 基本のかたちの骨組みとなる役枝(役枝)は長さや挿す位置、角度の目安が決められています。 花器の中でどのように生けると見栄えがするか、試行錯誤している様子でした。 他の学生の作品を見て、感想を言い合いながら鑑賞しました。 授業最終日に藤原先生が「食卓や台所に積んできた花を生けて、花がある生活を意識してほしいと思います。生活の中に花があれば、心安らぐ場所ができます。きれいだと思うデザイン、いいなと思う器など、意識して思うこと・考える事は華道・デザインなどすべてに繋がっていることだと思います。」とおっしゃっておられました。 学生は華道は...続きを読む
  • 【集中講座】手作りアクセサリー2
    2017.7.21
    150度で約20分、オーブンを使って硬化していきます。 あまり縮まないため、アクセサリーとして制作しやすいようです! 上部画像 左:燃焼前 右:燃焼後 さっきまで柔らかい粘土だった素材が、燃焼することで簡単に硬化しました。アクセサリーだけでなく、人参やブロッコリーなど、食べ物を制作していた学生もいます。 未知の素材でしたが、こうしたい、ああしたいと思うほど、集中して取り組んでいました。狙ったマーブル模様が出なかった学生もいましたが、作ることの楽しさを実感した様子でした。 モノづくりと創造することは同じこと。材料は違うけれど、素材の形を変えて作っていくのはモノづくりの原点です、と先生がおっしゃっておられました。手作業での制作を通して、上手くできない時はどう工夫すればよいか、どういう道具を使えばよいかなど試行錯誤することで、表現の幅が広がっていくと思います。 惠比木先生ありがとうございました。 続きを読む
  • 【集中講座】手作りアクセサリー1
    2017.7.20
    午後から「ポリマークレイ」を使ったアクセサリー制作です。 「ポリマークレイ」とは樹脂粘土のことです。手でこねていろいろな形や模様にしてオーブンで燃焼させると硬化していく柔らかい粘土です。 まったく触れたことのない素材なので、どう作ればよいかわからない様子です。 作家さんが制作する過程を動画で見つつ、先生の制作を真似ながら作っていきます。 どんな作品になるでしょうか? 続きを読む
  • 【集中講座】暮らしの手仕事〜織り2
    2017.7.20
    【集中講座】暮らしの手仕事〜織りの最終日です。 織り機を使い制作している学生も、ダンボールを用いて制作している学生も完成させます。 細い糸を使うと、とても繊細で細かな模様や配色が映えてきれいですが、 とても時間がかかります! 均一な太さをしていない毛糸などを使うと風合いが違って面白い作品になります。 コースター、マット、タペストリーなど、思い思いに仕上げていきます。 縦糸と横糸だけで編んでいくのですが、どういう素材をどう使用するかで様々な作品が出来上がります。 布を裂いてみたり、毛糸の種類を変えるだけで雰囲気が変わります。 最後に何を制作したか、工夫したところ、難しかったことなどを発表しました。 白山先生ありがとうございました。 続きを読む
  • 【集中講座】暮らしの手仕事〜織り1
    2017.7.19
    今年も集中講座が始まりました! 外部から先生をお呼びして短時間で授業を行います。 通常の授業とは違う雰囲気ですが、手作業でものを作る過程を楽しんでほしいと思います! 前期の集中講座の一回目は「暮らしの手仕事〜織り」と題して、いろんな糸・毛糸・布を用いて作品を作る授業からです。 ダンボールや織り機を使って自分の作品を制作していきますが、意外と時間がかかる様子でした。 色や材料の違いで面白い風合が出て来るので、完成作品が楽しみです! 続きを読む
  • <デザイン演習>の授業風景 ※書体と色彩で表現する!
    2017.6.27
    本日はビジュアルデザイン科1年生の授業風景をレポートします。 文字には様々な書体がありますが、その書体の持つイメージと色合いでデザイン表現するトレーニングの授業課題です。 <明るい>という文字を書体と背景色の組み合わせで表現します。例題を見ながら学生も自分なりにチャレンジしています。 このように地道なトレーニングの積み重ねでデザインの基礎力が養われていきます。 続きを読む
  • [外部依頼制作]イラストクイズ4月号
    2017.5.15
    島根デザイン専門学校では、外部からご依頼があったデザインやイラストを制作しています! 地元の新聞社、山陰中央新報社様の「週刊 さんいん学聞(まなぶん)」4月26日掲載のイラストクイズもその一つです! 学生がラフ案から入稿データ制作まで仕上げます。もちろん、クイズと答えも学生が一人で考えています。 「週刊 さんいん学聞(まなぶん)」は毎週水曜日されていますが、 イラストクイズは毎月第3水曜日に掲載されています。ぜひご覧ください! 続きを読む
  • ビジュアルデザイン科授業風景(webデザイン実習)
    2017.5.12
    ビジュアルデザイン科の授業風景をお伝えいたします。写真はwebデザイン実習の授業の様子です。 現役webデザイナーの講師による実践的な授業です。一年間かけてホームページなどを作るノウハウを基礎から学んでいきます。 一人一台ずつ最新のMacを持ち学んでいきます。まだまだ道は険しいですが努力していってくれるでしょう。 続きを読む

このページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ


〒699-1832 島根県仁多郡奥出雲町横田1377-5

島根デザイン専門学校、奥出雲陶芸研究所に関する資料請求・お問い合わせやオープンキャンパスについての質問はお気軽にお電話ください。
もちろん、それ以外の質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。