TOPICS

ホームTOPICSビジュアルデザイン科[集中講座]暮らしの手仕事 〜織り 作品完成

[集中講座]暮らしの手仕事 〜織り 作品完成

今日一日で作品を仕上げます。
マフラー、ポシェット、ブレスレットなどを制作しています。
麻・毛糸だけではなく、古着なども使います。


2年生は折機を、1年はダンボールを使用し、編んでいきます。

大小関係なく織ることはとても大変です。

使用していた道具がうまくいかなかったり、
思っていた柄が上手く出来なかったりと試行錯誤しています。

縦糸と横糸をどういう素材にするか、
麻、毛糸、太さ、細さ、色など、組み合わせ方で様々な模様ができます。


1時間弱でこのくらいのペースです。


制作終了後、各自で作品の好評をします。
工夫した点、難しかったところなどを発表しました。


ある学生は、「短時間で制作できると思っていたのに、結構時間がかかりました」
と感想を言っていました。


2日間の集中講座は、ひたすらモノづくりでした。
金工アクセサリーは、どのように金属の加工をするか、おっかなびっくりで作業をしていました。
織りの経験も実際やってみるととても根気がいる作業だったと思います。

手作業で加工し、つくり上げるのは大変手間と時間がかかりますが、
試みと失敗を繰り返した結果、納得のいく作品を作ることで、モノづくりの基本を学ぶのではないでしょうか。


一覧に戻る

RECENT ARTICLE最近の記事

一覧を見る

CATEGORY
ARCHIVE

お問い合わせ

島根デザイン専門学校、奥出雲陶芸研究所に関するお問い合わせはお気軽にお電話ください。