TOPICS

ホームTOPICSビジュアルデザイン科集中講座

集中講座

先週、「集中講座」を行いました。今回は、「暮らしの手仕事〜織り(応用)」と「合成樹脂で作品を作る」という授業名で短時間ではありますが作品を制作しました。
集中講座は1日と半日という短時間で授業を行います。毎週1回行う授業とは違い、作業説明を聞いた後、全て実践で制作します。


素材一つで表情がかわります。

織りの縦糸と横糸の仕組みを理解します

今回受講した学生は二人とも織り機を使用しました。

1日目「暮らしの手仕事~織り(応用)」は1年時に制作しましたが、今回は織り機を使用して作品を仕上げました。当然、糸が細いと時間がかかります。しかし、とても細かくきれいな仕上がりです。縦糸と横糸に何を使用するかで風合いや色彩が豊かになっていきます!

2日目午後より、「合成樹脂で作品を作る」という授業です。これは、最近たくさんの方々が制作しておられる「レジン」を使った授業です!
LEDライトやUV(紫外線)ライトなどを照らすと硬化していくレジン液を使用し、自分の作品を制作していきます。
木や木の実など自然のものを使用しても面白い作品が出来上がります。


UVライトで硬化中

道具はあるものを使用します

絵の具、油性ペン、水性ペンなどもテストします

透明なレジン液に着彩していく方法や、コツなどを先生から学び、いよいよ実践です。自分の思う作品が作れたでしょうか。

短い時間ではありましたが、作る楽しさと難しさを体験することで技術が向上していくのではないでしょうか。
講師の先生方、ありがとうございました!



一覧に戻る

RECENT ARTICLE最近の記事

一覧を見る

CATEGORY
ARCHIVE

お問い合わせ

島根デザイン専門学校、奥出雲陶芸研究所に関するお問い合わせはお気軽にお電話ください。